制作年順 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
業種別 医療 NPO/NGO 歯科医院 飲食 福祉・健康 建築 動物 学校 製造 その他




まちなかライフスタイル研究会
[NPO/富山県]

「まちなかにこだわる」「まちなかの魅力を発信」「まちなかに住まう」
三つのキーワードで富山の中心市街地を元気よく遊びまわろう!という元気のいいNPOです。
街中=ねこのイメージで作りました。三角の耳はピクピクアンテナ。
好奇心いっぱいの街ねこです。

2009.11



越中大手市場
[路上マーケット・富山]

まちづくりのボランティア団体が月2回主催する路上マーケットスペース。
富山市の中心商店街を抜けた通りに、手作りの野菜やクラフトの露天が並ぶ「越中大手市場」。
作り手の「手」と大手の「手」を、通りを吹き抜ける「風」のイメージと組み合わせたマークです。
春からはこのマークが市場にお目見えします。まずはのぼりを作る予定です。楽しみ!

写真は池田建築設計事務所のHPから拝借しました。
越中大手市場の詳しい様子も載ってます→クリック

2005年1月制作


NGO・NPOネットワークとやま
[NPO・富山]

県内のNPO・NGOを応援するネットワーク。
富山YMCAを中心に様々な団体、個人が参加。県や市のボランティアの催しを委託されるなど
行政と市民の橋渡し的な役割を担う。


アースデイ
[4月22日は地球の日]

4月22日は地球の日。1960年代の終わりにアメリカの議員の呼びかけで始まった、
地球の環境を考える日。世界中で様々な催しが行われています。
このマークは富山のアースデイ2003年4月19日(土)〜20日(日)に合わせて、
世界中の平和を願って作りました。
アースデイのための使用でしたら、ご一報いただければどんどん使用していただいて結構です。
ただし著作権はコーズに帰属しますので、商用でのご利用には許可が必要です。
アースデイ富山→http://www.earthday-toyama.org



あそあそ自然学校
[自然学校・富山]

富山県中新川郡上市町浅生の山の中にあるNPOの自然学校です。
ヤモリ(通称アカベラ)をキャラクターにしました。
「あそあそ自然学校は、農生活空間を遊びと学びの場とする家族型自然環境教育を行っています。
子ども、親、そしてスタッフ自身も遊び学ぶためのもう1つの学校です。
”できる”の積み重ねを大切にします。」←(あそあそ自然学校HPより)

http://www.asoaso.jp/

2004年6月制作


森のゆめ市民大学
[市民大学・富山]

魚津市にある「森のゆめ市民大学」事務局が企画・運営する「市民運営の市民のための大学」。
学長に筑紫哲也を迎え、毎年各界から多彩な講師による講演をメインに、
大人の学び心を満足させる大学です。
www.nice-tv.jp/~shimin



田んぼの楽校
[野外体験スクール・富山県]

富山県魚津市の山の中の田んぼで、自然農を体験しながら
環境のこととか、里山に住む小動物のこととかをお勉強する学校です。
田植えから始まり、雑草取りや稲刈り、収穫の後は田んぼに笛や太鼓を持ち込んで
参加者と音楽家が一緒になって収穫祭を祝います。
マークは地図記号の田んぼの記号がカエルの目と口になっています。

2006年


ガバナンス
[環境・福祉NPO/熊本県]

市民活動
と行政が一体となって、地域の福祉、環境問題に取り組むNPOです。
前向きに、元気に、地域や行政にどんどん発言し、実行する。そんなイメージで作りました。

2008年


いのちの森
[アースデイいのちの森/東京都・富山県]

「アースデイ・地球の日。地球にありがとうの気持ちをとどける日。
私たちはお母さんから産まれ出てからずっと、大地の母の森の恵みである水、空気、土、
そして生き物たちのいのちをいただいて育ってきました。
私たちは自然そのもの、「いのちの森」の一部です。
つながるいのちに、ありがとう!」(ポスターの文より)

2009年4月18日(土)、19日(日)
明治神宮にて、アースデイ東京と同時開催されたイベントのマークです。

僕は富山のアースデイのポスターを2003年からデザインしてます。
今回は富山の実行委員の一人が古巣のアースデイ東京の巨大マーケット化を嘆いて、
原点を見つめ直した素朴なアースデイをやりたい、と手弁当で作った
まさに手作りのアースデイイベントでした。
僕はその日は都合で参加できませんでしたが、マークとポスターでの参加です。



2009.4



クリキンディの森
[里山再生事業/富山県]

「森が燃え、動物たちが逃げ惑う中、一匹の小さなハチドリ「クリキンディ」だけは、
火を消そうと、小さなくちばしで水をひとしずくづつ運んでいました…」
市民による環境活動を行っている「アースデイとやま2008にいかわ実行委員会」の、
森づくりに関心の高い有志が集って、「クリキンディの森」づくりがスタートしました。
*「クリキンディの森」づくりは、富山県「水とみどりの森づくり税」より助成を受けて行なわれます。

2008年



アジア子どもの夢
[草の根NGO/富山県]

富山のスーパーボランティアおばさん、川渕映子さんが代表を務めるボランティア団体。
チャリティーライブは「聴くボランティア」、
イベント会場での豚汁販売は「食べるボランティア」として参加を呼びかけます。
集めたお金でベトナムなどの親を失った子どもたちのために学校を建てるなど、
その活動は長く、多岐に渡ります。
ロゴマークのモチーフはちょうちょ。ちょうちょのイメージは「春」「自由」かな?
子ども達にもわかりやすく、簡単に描けるマークがいいと思いました。
「描くボランティア」がやっと出来ました。

2010.11


名刺


NPOclick.com
[Webサイト・富山]

NGO・NPOネットワークとやま 公式サイト
富山県内のNGO・NPO団体、個人をサポートする目的で発足した
NPOネットワークグループのホームページ


デイケアハウス・にぎやか
[デイケアハウス・富山]

赤ちゃんからお年寄りまで、障害のあるなしに関わらず誰でも利用できる
「富山型」デイケアハウス。
スーパーレディ阪井由佳子が理事長を務める、ユニークなデイケアです。

www.nigiyaka.jp